カジノ解禁「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立

カジノ解禁「統合型リゾート(IR)整備推進法」

フィリピンの「マニラベイ・リゾート」の工事が進む

ベラジョンで稼ぐ方法や評判・出金・入金・登録・ランキング【オンラインカジノ】
  
フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング公社のNaguiat会長は、マニラ郊外のいくつかの候補地で、3億ドル規模のワールドクラスのカジノリゾート建設を確約できるオペレーターに対し、
『ライセンスを発行する意向である』ことを明らかにした。
 
  
フィリピンでは既にマニラ近郊の湾岸120ヘクタールの土地に、10億ドル規模のカジノリゾート4つが建設を認められている。
 
アナリストは地方にワールドクラスのカジノリゾートができれば、当然マニラ湾岸のリゾートと競合することになると指摘する。
この新たな地方プロジェクトに関する最低投資額は、現開発プロジェクトのリーダーであるベニグノ・アキノ大統領が任期満了を迎える6月以降に定められる見通し。
 
 
マニラ湾岸では13年にブルームベリー・リゾートが、昨年メルコ・クラウンがそれぞれカジノリゾートをオープン。
 

さらに日本のユニバーサルエンターテイメントが2016年12月、地元フィリピンの富豪アンドリュー・タンとゲンティンのLim Kok Thayが20年までに開業を予定している。
  
このほか、フィリピンにはPAGCOR運営のカジノ施設も13カ所あり、うち10カ所はマニラ以外にある。
 
マニラ湾岸の4つのプロジェクトが営業を開始すれば、フィリピンのゲーミング売上は25年には現在の2倍以上、約40億ドルに達するという。
 
  
   

カジノ解禁「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立日本ではカジノ解禁「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立

カジノ制度設計本格化『実施法案』検討チーム倍増。カジノ解禁に向けた「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)の成立を受け、政府は年明けにも内閣官房の「検討チーム」の人員を倍以上に拡充し、カジノの具体的な制度設計を盛り込む実施法案の策定を本格化させる。
 
  
実施法案の内容は多岐にわたるため、20人弱の現在の態勢では作業が遅れると判断した。政府は来年秋にも法案を国会に提出したい考えだ。カジノ法は、実施法案を1年以内に策定するよう政府に求めている。
 
政府は2014年7月『IR担当の内閣審議官』を新設。内閣官房に財務省や国土交通省などの職員20人弱からなる検討チームを発足させ、海外の事例調査などを進めていた。
 
今国会の審議では、与野党からさまざまな懸念が出た。
 
衆院では15項目に及ぶ付帯決議を採択。政府に対し「依存症対策の強化」や「厳格な入場規制」、「IRの立地数の制限」などを求めた。
 
政府は1月にも、安倍晋三首相をトップとする「IR区域整備推進本部」を新設する。現行の20人弱を倍増させた後は、段階的に100人規模まで増強する案もある。一方、与党内には政府の作業を後押しする検討チームなどを設ける案が出ている。
 
 

カジノ解禁「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立ベラジョンの評判や評価

ベラジョンで初めてオンランカジノをプレイする方の感想を口コミサイトなどで見てみると、「出金も入金も簡単にできた」「カスタマサポートがいい感じ」と評判がいいようです。
 
  
ベラジョンは「エコペイズ」が使えるので、出金処理にて近くのATM(郵貯・セブン)で出金できると、喜んでいるようです。
 
  
ゲームで勝った資金を現金化できる「ベラジョン」は安心・安全にスマートフォンやタブレット、パソコン、Macなどで遊べるブラウザ方式で、外出先でも自由にプレイできるようです。
 
カジノ解禁「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立ベラジョンに興味がある方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。
 
ベラジョン、カジノ解禁「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立